ISO9001認証取得コンサルティング、お客様の規模や事情に合った適切なコンサルティング


ISO9001認証取得に関するご質問

ISO9001認証取得コンサルティングに関するよくあるご質問をまとめました。

Q. ISO9001とは?

QMSと呼ばれる、「品質」を確保するためのマネジメントシステム(管理する仕組み)を、

①どのように構築し
②どのように運用するか

を定めた国際「規格」です。

※QMS=Quality Management System

Q. プロジェクトメンバーを決めたいのですが、どのような基準で人選をすべきですか?

プロジェクトチーム人選においては、社内事情に通じているか、権限をどの程度お持ちなのかといった基準によって決めます。

Q. ISO9001を取得するまでにどれぐらいの時間がかかりますか?

ISO9001を取得する目的によって異なります。早く取得することを目指しているのであれば、半年程度でも認証取得にたどり着くことができる場合もございます。

Q. ISO9001を取得するためにどれぐらいの費用がかかりますか?

ISO9001を取得するための費用は、(1)審査費用、(2)支援費用(コンサルティング費用)、(3)設備投資費用の3種類です。それぞれ、内容によって異なりますので、ご相談ください。

Q. ISO9001を取得すると、どのようなメリットがありますか?

認証自体には、他社との差別化、取引条件のクリア、経審の加点といったメリットがあります。最近では、社外への印象の良さよりも、取組を通じて社内の体制を改善することに価値を見出されるケースが多いです。

Q. ISO9001認証取得の取り組み理由には、どのようなものがありますか?

取引先からISO9001認証を要求や確認されたり、入札や輸出時の条件になっていたりと、対外的な理由でご取得になるケースが多いです。

Q. IOS9001を取得したらすぐに業務が改善された効果が出てきますか?

出る場合と出ない場合があります。ただし、明確な目的をもって取り組んだ場合は、過去の例では、認証取得後3年程度を経過すると目に見えて改善効果が現れるケースが多いです。

ISO9001認証取得コンサルティングに戻る

ISO9001規格改訂に関するご質問

ISO9001規格改訂については、こちらも参照になさってください。

Q. 規格改定があり、新しい規格に対応させる場合は、それをいつまでに行うのか決まっていますか?

過去の例では全て決まっていました。ただし、ケースバイケースで2年であったり3年であったりと一定ではありません。

2008年版⇒2015年版のときは、移行期間3年でした。認証組織が多かったのと、ISO14001が同時改訂されたので、長めになったのではないでしょうか。

間に合わなかった場合の措置は不明ですが、過去事例を鑑みると、移行が完了するまで認証の空白期間が生じ、その間認証ロゴ等を利用できなくなるといったことが考えられます。

2015年版発行から3年以内に移行審査受審。審査側の手続きを考慮すると、2018年7月には移行審査が完了している必要があります。
Q. 改訂対応のためにどのくらいの期間が必要ですか?

移行審査前に3か月以上の運用期間を要求されるため、少なくとも3か月+アルファの期間が必要です。アルファの部分は、規程や記録様式の変更、リスクの特定といった新たな要求事項に対応した活動をする期間になりますので、一般的には、全体で半年以上の期間が必要と見込まれます。ただし、既にISO9004を引用している、SWOT分析等の分析がなされている等2015年版への適合が進んでいるような組織は、大幅な短縮が可能となるようなケースがあります。

Q. 自力で改訂対応は出来ますか(大変そうか)?

可能です。

時間をかければどのような組織でも自力で対応することができるはずです。ただし、2008年版規格要求のご理解が進んでいない場合は、かなりの時間を要することが予想されます。

Q. 規格改定対応が期限までに間に合わなかった場合は、どうなるのでしょうか?

移行が完了するまで認証の空白期間が生じ、その間認証ロゴ等を利用できなくなるといった措置がありました。

Q. 2015年版には「適用可能性」という言葉が使われていますが、どういった意味ですか?

改訂前は規格要求事項の「適用除外」という概念が存在したのですが、2015年版への改訂に伴い無くなりました。

原則として全ての要求事項に適合することが求められますが、たとえば「該当する業務が存在しない」といった場合は、「適用しなくてもよい」という趣旨で、適用可能性という言葉が使われるようになりました。

適用できない場合は、その理由(前述の「該当する業務が存在しない」等)を示す必要がありますのでご注意ください。2015年版の改訂は、恣意的な適用除外を排除しようという趣旨と思われます。

ISO9001認証取得コンサルティングに戻る

ISO9001審査に関するご質問

Q. ISO9001の審査の流れを教えてください。

審査は、2段階に分かれていて、2段階両方の審査を通過すると認証が付与されます。

審査の流れについて
Q. 審査機関について教えてください。

 国内では40団体以上の審査機関(認証機関)がありますが、その審査機関の信頼性を保障する仕組みとして、グローバルな認定を受ける制度を設けています。日本では日本適合性認定協会(通称JAB)という認定機関があり、審査機関は認定機関のお墨付き(認定)を得てISO9001の認証を行っています。

審査機関について

【審査機関による主な違い】

 ①審査料金 ⇒ 審査機関によって料金が異なります。

 ②対応可能規格 ⇒ ISO9001の審査は可能だが、27001はできないといった例があります。

 ③審査のスタンス ⇒ 審査機関によって指摘の傾向が異なります。

Q. 審査で不適合になるのはどんな場合ですか?

審査はテストではなく、「カンニング」などという概念もありません。

審査のポイントは、
①構築されたQMSが規格要求に適合しているかどうか
②構築されたQMSが運用されているかどうか
なので、事故が起きたから即不適合というわけではありません。

不適合の主な例

          

ISO9001認証取得コンサルティングに戻る

コンサルティングに関するご質問

Q. ISO9001認証取得コンサルティングの内容は、どのようなものですか?

ISO9001のコンサルティング内容は、新規認証取得を行うのか認証継続を行うのかによって異なります。新規認証取得でのコンサルティングであれば、文書の作成や経営者・従業員の教育、内部監査の立合いやレビューの作成・事項支援などがございます。ISO9001審査の立合いも行っています。

Q. なるべく早くISO9001を取得したいのですが、コンサルティングを依頼すると早く取得できますか?

自力で取り組まれるよりも早く認証取得できるケースが多いのは確かです。

Q. 契約の前に、コンサルタントと顔合わせができますか?

ご要望があれば、事前に顔合わせさせていただきます。

Q. コンサルタントを乗り換えることはできますか?

承ります。なぜ、そのコンサルタントを乗り換えたいのかを教えてください。

ISO9001認証取得コンサルティングに戻る

資料請求

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ、もしくは資料請求をください。