OHSAS18001認証取得コンサルティング、お客様の規模や事情に合った適切なコンサルティング


ISO45001は、労働災害のリスクを軽減しつつ継続的に労働安全衛生改善に取り組むためのマネジメントシステムです。ISO45001を取得することで、従業員のみならず社会的信頼を高めることもできます。

ISO45001とは

OH&SMS=Occupational Health and Safty Management System

(労働安全衛生を実現するためのマネジメントシステム)

と呼ばれる、「労働安全衛生」を確保するためのマネジメントシステム(管理する仕組み)を

  ①どのように「構築」し、②どのように「運用」すれば

認証を取得することができるのかを定めた「要求事項=審査の基準」の国際規格がISO45001です。

「労働安全衛生」とは

労働安全衛生マネジメントシステムが期待する成果は、「労働者の負傷や疾病を防止し、安全で健康的な職場を提供すること」です。

 

したがって、

 ・製造現場や建設現場での事故を防止すること

 ・鬱病を防止すること

 ・インフルエンザを防止すること

 等々全て労働安全マネジメントの目的になります。

 

したがって、製造業や建設業のような所謂工業的な業種だけでなく、広く全ての業種が対象となります。

取組のメリット

1.労働安全衛生リスクの低減

 ISO45001の取り組みの中では、労働安全衛生リスクを特定し、そのリスクをコントロールすることが要求されます。したがいまして、ISO45001に取り組んだ組織は、必然的に労働安全衛生リスクに対して強い組織になります。

 労働安全衛生リスクに対して強い組織とは、人的資源の不足による納期の遅延や業務キャパシティの低下、作業ミス、事故による損害補償といったリスクに対して強い組織であると言えます。

 さらに言えば、安全で健康的な労働環境が、良いアイデアを生み出したり、業務効率の改善に繋がることも期待できます。

2.対外的な信用向上

 労働安全衛生マネジメントに取り組むことによって、顧客等の利害関係者の信用を向上させることができます。顧客の立場からすれば、委託先が労災を起こせば、場合によっては自社が責任を問われますが、そのような不安を低減することができます。また、労働環境が整備されている組織と取引をすれば、人的資源の不足等による納期の遅延等の不安が低減されます。

 また、ISO45001認証が、少なくとも法規制を順守している組織だと客観的に信用の裏付けをしてくれることになります。

3.人材定着率の向上、人材採用への好影響上

 労働者の価値観は時代の流れと共に変化します。労働環境は全く問わないという人もいるかもしれませんが、そのようなケースは少ないはずです。入社してみたが、労働環境の劣悪さに辟易して辞めてしまったという例は枚挙に暇がありません。労働安全衛生マネジメントに取り組むことで、仕事に対するモチベーションの向上や、「ずっとこの会社にいたい」という気持ちが育まれることを期待することができます。

 また、折角取り組むのであれば、その活動を上手に対外的にアピールすることで人材採用への好影響も期待することができます。

マネジメントシステムとは

労働安全衛生を構成する要素

           

 マネジメントシステムであるためには、単なる「管理の仕組み」ではなく、上記のように「継続的な改善を実現するための組織の仕組みが必要です。役割や手順を定めただけの単純な管理の仕組みでは足りないということです。  したがって、決めたことを順守できているかどうかのチェックや、活動の振り返りが要求されます。

規格概要

労働安全衛生マネジメントシステムの規格概要

ISO45001認証取得までの主な行程

労働安全衛生マネジメントシステムの主な工程

適用範囲の決定

 適用範囲とは、OH&SMSを運用する範囲のことであり、「認証範囲=審査対象範囲」とお考えください。

労働安全衛生マネジメントシステムの適用範囲の決定

 規格上明記はされていませんが、ISO14001と同様にサイト単位での設定が基本であり、該当サイトでの業務は全て適用範囲に含まれることになります。また、実際の現場作業だけでなく、ストレスチェックを主導しているような部門が存在するサイトも対象となります。

【参考】 文書(規定や記録)化対応

 規格では、一部文書化を要求していますが、全てのルールを文書化する必要はありません。極論すれば、大半のルールが明文化されていなくとも、全ての要員が正しく行動できるのであれば、ルールの明文化は不要です。通常はこれが難しいため、明文化することになります。

文書化対応について

推進体制の例

推進体制の例

ISO27001認証取得後の活動

【審査サイクル】

ISO9001審査サイクル(初年度から6年目まで)

【審査と審査の間の活動】

運用計画の策定、運用計画に則った活動、変化に応じた対応

※運用負荷を下げるためのヒントは規格にあります。規格要求の解釈が進めば進むほど、「やらなくてもよいこと」「どの程度実施すれば適合するのか」が見えてきて運用負荷の低減につながります。

認証取得までの主な費用

1審査費用必須
2法令順守のための投資
労働安全衛生レベルを向上するための投資
状況と目的による
3外部からの支援費用
(コンサルティングフィー等)

費用1:審査費用

審査費用を決める主な要素

  1. (1)適用範囲
    1. ①対象業務の内容
    2. ②対象人数
    3. ③対象サイト数(拠点数)
  2. (2)他のISO認証取得状況(同時審査等が可能かどうか)
  3. (3)審査機関の選択(審査機関は任意で選択可能です)

審査費用の種類

種別時期審査規模・費用
初回審査費用新規取得時
継続審査(サーベイランス・定期審査)費用再認証と再認証の間
再認証審査(更新審査)費用3年毎

費用2:法令順守のため、労働安全衛生レベルを上げるための投資

 審査を通過するだけであれば、過剰な投資は必要ありません。ただし、法令の順守だけは証明する必要があります。

法令順守のため、労働安全衛生レベルを上げるための投資

費用3:外部からの支援費用

【金額を決める主な要素】
1取組目的認証を取得できればよいのか、明確な目標・テーマがあるの
2期間極端に短期間(6ヶ月程度)、極端に長期間(1年半以上)
3対象組織規模
事業内容
調査にどの程度の時間を要するか
監査にどの程度の時間を要するか
4他認証の有無
既存文書内容・量
設備環境
システムの理解、文書の読込にどの程度の時間を要するか
既にどの程度要求事項に適合しているか
5支援範囲どの工程を支援するか
6支援内容アドバイス中心なのか、作業支援が必要なのか等

帝国データバンクネット
コミュニケーションなら

帝国データバンクネットコミュニケーションの認証取得コンサルティングは、次の3つの強みを主としてお客様の事業発展に貢献します。

信頼とノウハウ

2000年創業以来、大小1,000件以上の実績を積み重ね、当社のコンサルティングを多くのお客様にご満足をいただいております。これからも、信頼とノウハウを積み重ねてまいります。

ワンストップ

ISO27001とプライバシーマークを中心に、各種認証取得コンサルティングが可能。専門性の高いコンサルタントが、ISO45001の認証取得に限らず、他の認証取得もワンストップにてコンサルティングが可能です。

発展性

認証取得のみならず、様々な事業発展コンサルティングが可能。ISO45001などの認証取得のほかにも、インターネットを活用したご提案を通じて事業発展に貢献しています。


お客様のご要望や規模に応じてプランをカスタマイズ

お客様のご要望や事業規模などで、認証取得を目指す速度や労働安全衛生マネジメントシステムの内容が異なってまいります。

基本となる5つのプランをカスタマイズして、お客様に最適なコンサルティングプランをご提案致します。

なるべく苦労なく取得

ISO45001認証取得には苦労が伴うものです。ご担当者様には必要最低限のことを行って頂き、それ以外のことはコンサルタントが代行します。お忙しい方におすすめのプランです。

なるべく早く取得

認証取得が案件受注の条件であるなど、認証取得を急ぎたい方のプランです。コンサルタントと協力をして、迅速な認証取得を目指します。

認証を維持・更新

認証を取得した後も、認証を維持・更新する必要があります。更新時期が迫って慌てる前に、コンサルタントが更新のアドバイスをします。

業務改善の相談

自社の規模やリスクに応じた情報資産の管理体制強化が主で、併せてISO45001を認証取得したいというお客様のための、業務改善コンサルティングサービスです。

スマート化・実効性強化

構築した労働安全衛生マネジメントシステムの見直しをするプランです。文書の簡素化、規程の見直し、システム改善手順の見直しなどを行い、お客様にとって最適なシステムを再構築します。


資料請求

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ、もしくは資料請求をください。


ISO45001認証取得コンサルティング開始までの流れ

お問い合せ

ISO45001認証取得コンサルティングをご検討の方は、まず、お電話もしくはお問い合わせフォームより弊社までご連絡をください。

概算見積ご案内

必要に応じて概算見積をお作り致します。

訪問してのご説明

お客様のところに訪問し、コンサルティングの手法や流れについての概要を説明させて頂きます。お客様の状況や、コンサルティングのプラン、本見積の作成のために必要なことをヒアリングさせて頂きます。

本見積ご案内

ヒアリングの内容より、お客様に最適なコンサルティングプランのご提案と本見積を作成致します。後日、再度のご訪問にて、お客様独自のプランをご説明致します。

お申込み

コンサルティングのプランやお見積りの内容にご納得頂けましたらお申込みください。

ご契約

ご契約時には、契約書類や秘密保持契約の取り交わしを行います。

開始前打ち合わせ

ISO45001認証取得コンサルティング開始前に、コンサルティングの流れや日程調整、従業員の方々への説明などの事前打ち合わせをさせて頂きます。

コンサルティング開始

労働安全衛生への取組を改善し、ISO45001認証取得に向けてコンサルティングを開始します。


よくあるご質問

Q1. ISO45001とは

労働安全衛生マネジメントシステムの要求事項です。前身は、OHSAS18001認証として運用されていました。

Q2. ISO45001の認証が得られるためにどれぐらいの時間がかかりますか?

お客様の状況にもよりますが、どんなに早くても6ヶ月程度はご覧になっていただくとよろしいかと思います。

Q3. ISO45001を取得するために、設備投資などが必要でしょうか?

場合によっては必要になるかもしれません。お客様の状況によりけりです。

Q4. ISO45001を取得すると、どのようなメリットがありますか?

ISO45001を取得することで、予防責任・補償責任・賠償責任・死傷責任といった法的制裁インパクト発生の確率と発生時の影響を低減させることが可能となり、認証取得による同業他社との差別化を図る事ができます。また、リスクアセスメントの実施による安全管理が出来るようになります。

Q5. OHSAS18001との違いは何ですか?

基本的には同じです。2016年以降、OHSAS18001がISO45001になると言われています。ただし、移行にあたり内容の変更が予想されます。

Q6. OHSAS18001はいずれISOになると聞きましたが、どうなのでしょうか?

2016年以降、ISO45001になると言われています。国によって安全に関する認識が違うため、すりあわせに時間がかかっているようです。なお、すでにOHSAS18001の認証を受けている企業は、おそらく差分(変更点)に対応すれば認証が移行されるのではないかと予想します。

Q7. ISO45001認証取得のコンサルティングには、どのような支援内容が含まれますか?

現状調査、分析、文書作成、教育、内部監査、レビュー、審査対応等を含んでおります。

Q8. 認証取得後は、何をすればいいのでしょうか?

労働安全衛生マネジメントシステムの運用をしていかなくてはなりません。目標を定め、達成するために必要な安全対策を計画から実施まで、継続的にリスク改善をしていきます。

ご挨拶

ISO45001は労働安全衛生マネジメントシステムといい、作業場などで発生する事故や災害のリスクを除去・低減し、従業者や利害関係者を守る国際規格です。

労災の発生リスクを抑制する仕組みを構築することで、災害発生リスクを低減し健康維持に努めるだけでなく、現場で働く従業員の安全に対する意識を高めたり、事業所の周辺やお客様などに安心化を与えたりすることが期待できます。

2018年にISO化(現在はOHSAS18001)され、今後はさらなる普及が見込まれます。

当社は、2000年創業以来、大小1,000件以上という認証取得コンサルティング業界の中でも数多くの実績を積んでまいりました。ISO45001認証取得を通じて、日本全国のお客様の「次業(Next Stage)」づくりをお手伝いいたします。


資料請求

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ、もしくは資料請求をください。