改正個人情報保護法は2017年5月30日に全面施工されます

改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施工されることとなりました。

今回の改正では、IT技術の普及で個人情報かどうかがグレーゾーンと言われていた「指紋認証データ」や「顔認証データ」などの身体の一部の特徴や、「パスポート」や「免許証」など対象者毎に異なり政令で定める符号も個人情報に含める事となりました(個人識別符号)。
また、個人情報の取扱いが5000件以上の企業が保護法の対象でしたが、改正法では5000件以下の企業でも対象となります。 5000件=5000名

個人情報保護委員会ホームページ:http://www.ppc.go.jp/personal/preparation/
※個人情報保護委員会とは? 個人情報の保護に関する法律に基づき2016年1月1日に新たに設置された行政機関になります。

JIS Q 15001(個人情報保護マネジメントシステム ― 要求事項)の規格も改正法に基づき改訂されることとなりますが、改訂時期はまだ未定のため、引き続き、改訂の詳細がわかりましたらご報告いたします。

資料請求

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ、もしくは資料請求をください。


帝国データバンクNC

ISO27001
情報を適切に管理・運用し、一定以上のセキュリティレベルに。
プライバシーマーク
個人情報に対して適切な保護措置を講ずる体制を整備。
お問い合わせ・資料請求