ISO27001認証取得コンサルティング、お客様の規模や事情に合った適切なコンサルティング


> > ISO27001認証取得の審査で不適合になるのはどのような場合ですか?

ISO27001認証取得の審査で不適合になるのはどのような場合ですか?

ISO27001認証取得の審査で不適合になるパターンは、次の場合です。

  1. 規格要求を理解できていない/解釈できていない
  2. 構築したISMSを運用できていない
  3. 規格で要求されている文書が存在しない
  4. 法規制を遵守できていない

1.規格要求を理解できていない/解釈できていない

何がどこに記載されているか、誰に聞けばよいのかもわからないようなケースや、リスク分析等のロジックが理解できていないケースがあります。

2.構築したISMSを運用できていない

構築したISMSのルールを複数の従業者が順守していないような、極端にルールが順守されていないケースがあります。

3.規格で要求されている文書が存在しない

例えば、方針や適用宣言書が作成されていないケースがあります。


ISO27001 よくあるご質問一覧に戻る

ISO27001認証取得コンサルティングに戻る

資料請求

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ、もしくは資料請求をください。